普通な日記、毎日更新☆


by Chikatyantyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

やったねロッテ!!

バレンタイン監督が夜空に何度も舞った。阪神甲子園球場で26日行われた日本シリーズ第4戦は、今シリーズで初めて1点を争う接戦となったが、ロッテが逃げ切り、開幕戦からの4連勝で31年ぶりに日本一を奪回した。ロッテは李が先制2ランを含む3打点と活躍。阪神も今岡、檜山の適時打で1点差に詰め寄ったが一歩及ばなかった。

 ロッテの日本一は1950年の第1回日本シリーズを制した前身の毎日オリオンズ、1974年のロッテ・オリオンズに次ぐ3度目で、現在の千葉ロッテ・マリーンズになってからは初。パ・リーグがプレーオフを導入した昨季に続き、2年連続でパのレギュラーシーズン2位チームが日本シリーズを制した。

 ロッテが継投で逃げ切り、4連勝で31年ぶりの日本一を決めた。二回、1死からフランコが右越え二塁打で出塁し、2死後、李の右越え2ランで先制。四回は1死二塁で、李が左中間へ適時二塁打を放ち、リードを広げた。藤田、藪田、小林雅の好救援も光った。阪神は六回1死一、二塁から今岡、檜山の連続適時打で1点差に詰め寄ったが、3併殺と拙攻が目立ち、追い上げも届かなかった。

 ◇「信じられない結果」 圧倒的な試合内容で日本一

 この日もロッテの先制から始まった。二回2死二塁でバッターボックスには李。アジアの大砲は1—3からの126キロのスライダーを振り抜き、シリーズ3号となる右越え2ラン。もう後のない阪神からあっさりと先制点を奪った。

 流れが阪神に移ってもおかしくない場面もあった。三回は1死から右前打で出塁した西岡が盗塁失敗。三回は守備でもベテラン堀がイレギュラーした赤星の二ゴロを捕球できなかった(記録は失策)。少しだけ漂い始めた嫌なムードは、またも李がひと振りで消し去った。四回1死二塁から適時二塁打。試合の流れを加速させる貴重な追加点だった。
※excitニュースより抜粋

優勝しちゃいましたね♪
良かったですー。
9回は手に汗握りました。
最後のバッターを三振に打ち取った時は
思わずこっちもガッツポーズ♪
やったねロッテ!!!

e0053535_2234683.gif
        (・∀・)イイと思われたらクリックをお願いします。
[PR]
by chikatyantyan | 2005-10-26 22:02 | 日記帳